ビルドンブンコ

趣味で書いた小説を保管する場所

ノンシリーズ-ショートショート

ノミソラツブサガリスト

突然切り出された別れ話に何も言えず、きっとそんな俺の態度が気に入らなかったのだろう、と妙に納得も出来た。口を開かずに茫然としている俺に見切りをつけたようで、窓を開けると、今となっては元彼女の麻衣は空へ飛び出した。 「麻衣、待ってくれ!」と今…

ニンジン抜き

私の彼はニンジンが苦手だ。 だから手料理を振る舞う時はニンジンを使わないようにしている。 けれど彼がそのことについて感謝を示したことはない。 でも、うっかりニンジンを入れてしまったときは怒る。

言ってよ

彼は私を愛してくれない。 私は彼を愛しているし、彼もそれを受け入れてくれる。でも返してくれない。私に愛をくれない。見返りを求めて愛したわけじゃない。でも私の愛を受け入れておきながら私を愛してくれない彼が許容できない。だから今日も彼に言う。 …

見る鳩

電線に次々と鳩が集まっている。 彼らはどのように意思疎通をしているのだろうか。電線で思い思いに毛繕いに勤しむ鳩たちは鳴き声を発さない。静かなものだ。ただ、頭上に鼠色の鳩が次々と集まってきているのである。 何が彼らを呼び寄せるのだろう。鳩の力…

今日も正座で

「まあ座ってよ」と彼は一枚の座布団を床に敷いてくれる。 彼の家には椅子がない。なぜ椅子を置かないのと、訊いてみたことがある。

恋の卓球は夏休みにスマッシュを決める

体育の授業は卓球だった。俺はシングルスの方が余計な気を使うことなく自由気ままにプレイできて好きなのだが、残念ながら試合はダブルスで行われた。パートナーが見つからなくておろおろしていた、顔を知っているというだけの男子と組んで、だらだらと試合…

シュレッダー変わった

残業する気満々な奴らを尻目に、私は今日一日で発生した不要書類の束を抱えて席を立った。 終業時刻十分前だ。 部署のスペースのすみに追いやられるようにして置かれているシュレッダーは待機モードになっている。一日中待機していたはずだ。何故ならシュレ…

吐き気お試し無料

その日は会社でミスをしてしまったのだが、大したミスではないと自負しているので、落ち込みはしていなかった。むしろ、あの程度のミスで怒鳴り散らす上司への怒りで俺は早足になっていた。 怒りを自覚し、この感情を家に持ち帰るのは良くないと考え、気分転…