ビルドンブンコ

趣味で書いた小説を保管する場所

CzTS【1】

「違う。ウチは犯人じゃねえ。おいコラ離せ」容疑者は警部に連行されようとしていた。

「警部!」若い声が室内に乱入する。「彼女は犯人ではありません」

「探偵か。何の用だ」警部はまだ容疑者の手を離さない。「もう事件は解決したぞ」

「いいえ。解決なんてしていません。彼女は犯人ではない。ただの容疑者です」

「なんだと。俺の推理が間違ってるっていうのか」

「いえ、僕の推理と警部の推理が異なっているというだけですよ。とりあえず、僕の推理を聞いてください。そのあとでどちらが正しいか、警部が判断すればよいでしょう」

 警部は腕時計を確認してから言った。「いいだろう。話してみろ」

「では遠慮なく」探偵は部屋の中心に移動して全体を見回した。「たしかに、状況を見れば容疑者ちゃんが犯人だと考えてしまいます」

「容疑者ちゃんって……」不満気に呟いて、容疑者は探偵から目を逸らした。

「だからこそ、これは容疑者ちゃんを犯人に仕立て上げるための罠であると僕は考えます」

「罠だと」警部の低い声が探偵に詰め寄る。「じゃあ、探偵は誰がそれを仕掛けたっていうんだ」

「もちろん、犯人ですよ。そう――」探偵は再び部屋にいる人を見回して、その中の一人に人差し指を突き出した。「あなたです」

「な……、私が、犯人だと」突然の指名に動揺を隠せていない犯人。「証拠は! 何か証拠があるのか!」

「容疑者ちゃんが警部に連れていかれようとしているとき、あなたは笑っていましたね。被害者ならまだしも、この事件に特に関係がないはずのあなたがあの状況で笑うなんて、明らかにおかしい」

「違う。私は犯人が捕まったことに安心して笑っただけだ。おかしくなんてない」

「では言葉を変えましょう」探偵は犯人に接近する。「愚かしいですよ」

「愚かしい……」

「そうです。もう、認めてください」

 犯人は床に膝をつき、続けて手もついた。無言の降参だった。

「では警部、あとはお願いします」

 警部は容疑者から離れると、犯人を無理矢理立ち上がらせた。

「大丈夫ですか?」解放された容疑者に駆け寄る探偵。

「別に、大丈夫だ」容疑者は探偵の目を見ない。「その……、ありがとな」