ビルドンブンコ

趣味で書いた小説を保管する場所

その男、盲目につき

 早く食べ終わったので、何をするでもなく席に着いたままぼんやりしていると、トレイを持ったマキさんが視界に割り込んできた。

「やあ。ここ、いい?」

 僕が返事するより先に、マキさんは椅子を引いて向かいの席に座った。トレイの皿には野菜と果物しかない。

「ダイエットですか?」

「人聞きが悪いな。私がダイエットを必要とする体をしているように見えるかね」マキさんは顎を引いて、顔を斜めにし、僕に伺うような視線を向ける。「健康志向と言いたまえ。君こそ、ダイエットか何かしてるのかい?」

 きっと、僕のトレイの上に空の小皿が一枚しか載っていないのを見て、マキさんはそう尋ねたのだろう。

「いえ、ちょっと節約中で」

「ほほう。節約ね……」片手を顎に当てて目を細めるマキさん。数秒すると、顎から手を離し、テーブルに肘をついて身を乗り出した。「さては君、彼女ができたな。それも、相当惚れ込んでいる。昨日か一昨日にデートをしたんだろう。見栄を張って金を使ったか。私が来る前も思い出して浸っていたのだろう」

「まあ、そうですよ」見透かされたのは良い気分ではないが、図星なので渋々認める。「昨日、初デートだったんです」

「それは浮かれるのも仕方ないな」言いながら、マキさんは自分の皿に載っているリンゴを一切れ、僕の空いた小皿に箸で移した。「私からの餞別だ」

「ありがとうございます」

「で、そのデートの出来はどうだった?」

「悪くなかったと思いますよ。色々尽くしてあげましたし」

「うんうん。相手に尽くすのは純愛ぽくていいな。君らしい」

「そうなんですよ。本当にいい人で。彼女が欲しがるものを色々買ってあげました」

「色々? そんなに沢山買ってやったのか。誕生日か何かだったのかい」

「いえ、何の記念日でもないですけど。強いて言うなら初デート記念でしょうか」

「君が相当に浮かれていることは判った。しかし、側から聞いていると、君がいいように貢がされているような気が———」

「違いますよ!」

「判った。怒らないでくれ」マキさんは両手を挙げて待ったをかける。「しかし、君が言う相手に尽くすというのは、金を使い尽くすという意味なのか?」

「それは結果ですよ。愛情表現の」

「ふうん。そうか」それだけ言うと、マキさんはサラダを口の中に入れ始めた。葉物を噛むシャキシャキした音が続く。

「無償の愛っていうやつですよ。別に僕は何の見返りも求めてません」

「その方が問題だろう。そんな、食費を削らなければいけないほどお金を使わされて、何の見返りもないなんて、君の気持ちが持たないぞ」

「いいえ、僕は彼女がいてくれるだけで満たされるんです。彼女がありがとうって言ってくれるだけで、十分なんです」

「一度、君の彼女に会いたいな」

「会ってどうするんですか」

「さあ。それは会ってみないと判らないな」

「もしかしてマキさん、嫉妬してるんですか?」

「嫉妬? 私が? 君に?」

「僕じゃないです。僕の彼女にです」

「どうして。会ったこともなければ今の今まで存在も知らなかった女に、私が嫉妬しなければいけないんだ」

「彼女が僕に愛されてるからです」

「別に私は、君に愛されたいとは思っていないよ」

「僕じゃなくて、誰かに愛されたいって、思ってるんじゃないですか」

「まあ、他人に愛されたいという欲求は、多かれ少なかれ誰でも持っているだろう」

「一般論に逃げないでください」

「はあ……」マキさんは箸を置くと、呆れたとでも言いたげに目を閉じて首を左右に振るのだった。「なら私個人の見解を言わせてもらおう。私なら、相手が何かしてくれたなら、同じだけのものを返したいと思う。そこに相手が見返りを求めているかどうかは無関係だ。君の言う無償の愛こそ、自己満足じゃないのかと思うけどね」

「彼女も満足してくれてます」

「その考え方が自己満足だと言ってるんだ」

「彼女が喜んでいると僕も嬉しい。彼女が満足してるなら僕も満足。それのどこが悪いんですか」

「付き合い始めたばかりの君には酷な言い方になってしまうが、それは長くは続かない。いつか彼女の満足は君の不満を掻き立てるようになるはずだ」

「マキさんはそうなんでしょう。でも僕は違います」

 マキさんは何か言い返そうとしていたのであろう開きかけた口を、しかし閉じて、見定めるような視線を向けてきた。僕もそれを受けて睨み返す。

「まあ、君が幸せなら私がとやかく言うべきではないのかもしれないな」マキさんはトレイを持って立ち上がった。「今、君自身が言った台詞と今のその気持ちを、せいぜい忘れないようにするといい」

 そう言い捨てるようにして、マキさんは僕の視界から去って行った。

 視線を落とすと、マキさんがくれたリンゴが一切れ、僕の小皿に残っている。

 僕はそれを食べなかった。